読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本業と副業で稼ぐ二刀流

ササキコジローが副業実践の合間に書くブログ

時間の無駄!スマホアプリが辞められない理由「コンコルド効果」

f:id:kojiro-ssk:20160915224937j:plain

こんにちは、コジローです。

昨今、スマホアプリが辞められない友人が周りにいませんか?

何をする時もスマホアプリ。

飲みに行っているのに、目の前でスマホアプリをされると

正直、イラッときますよね。

 

その理由はコンコルド効果かもしれません。

 

コンコルド効果とは?

 

コンコルド効果とは、簡単に書くと、

投資をし続けることが損失につながると分かっているのに、

投資を辞められないこと、です。

 

スマホアプリでは、いわゆる「課金」という制度があります。

アプリに実際のお金を投資して、

キャラクターやアイテムを時間をかけずに手に入れることができます。

 

僕のまわりにも、毎月数万円単位でスマホアプリにお金を投資している人が

数名います。

スマホアプリに課金をする理由

スマホアプリに課金をすると、他の人より早く強くなったり、

有利にゲームを進めることができます。

もちろん、スマホアプリはお金をかけずに楽しむことも可能ですが。

その分、時間がかかります。

 

遊ぶだけでも、少し遊んだら時間が経過しないと遊ぶこともできないスマホアプリ

もあります。

その待ち時間がもどかしい、もっと遊びたい、という場合に課金をすると、

いつまでも遊ぶことが可能です。

 

課金をする人に課金の理由を聞くと、

俺達は時間を買っているんだ。

といった反応が返ってきます。

 

お金で時間を買うことができるのか

時間を買うことはできるのだろうか。

僕の考えでは、”できない” です。

 

あくまで一面的な考えになりますが、

時間そのものを買うことは不可能であると考えます。

 

もちろん、時間が掛かることに対して投資をして

より効率的に作業を進めるなど、時間を買うという考えもあります。

企業も基本的には、従業員の時間を買って事業を大きくしていきます。

 

しかし、1日を24時間1分にすることは不可能です。

たとえ、莫大なお金を掛けたとしても時間そのものを買うことはできません。

(周りの時間を止めるなど特殊能力があれば別ですが。)

 

ゆえに、僕は時間を買うことができないと考えます。

 

スマホアプリに課金をする人は、コンコルド効果によって、

1度、課金をしたら、もったいないから、もったいないから、

スマホアプリが辞められずにいるのです。

 

スマホアプリに時間を奪われていることも気づきながら

辞められない自分を正当化するために、「時間を買っている」という表現をします。

 

スマホアプリに課金を行い、時間を買った結果なにが残るのでしょうか?

何も残りません。

レベルやランクの数字と、なにやらキラキラしたキャラクターが残ったところで

何になるのでしょうか。

スマホアプリに掛けた情熱を別のものに向けたら、もっと人生の糧になるものが

手に入れられたでしょう。

 

人生とは何か。時間じゃないか。

唐突ですが、人生とは何だと考えますか?

 

僕は、「時間」だと考えます。

 

時間が積み重なり、人生となっていきます。

コンコルド効果によって、意味の無いものに金銭的に投資を行い、

時間的投資を行ってしまう。

そんな悲しいことは勇気を持って、正しい判断をしましょう。

 

ふと、考えてみてください。

5年前のことを覚えていますか?

5年後のことを考えていましたか?

 

おそらく、明確に先のことを考えている人少ないでしょう。

人間はそんな先のことは考えられません。

あっという間に5年もの時間が過ぎているのを、感じたことがあるでしょう。

 

時間は意外と短いものです。

 

あれをやろう、これをやろう。

そう言って、やらずに終わっていることも多いはずです。

 

時間を大切にすると、人生も豊かになります。

やりたいと思っていたことを行い、理想の自分に近づくことで

人生を濃密なものにしていきましょう。

 

まとめ

コンコルド効果」とは、投資を辞められずお金を失うだけではなく、

時間をも奪う心理状態です。

 

時間を奪われるということは、人生を奪われることです。

誰が悪い訳でもなく、人間の心理がそうさせるのです。

 

スマホアプリをやるなということではありません。

やっても良いとは思います。

得られるものもあるでしょう。

 

ただ、無駄なこと、損失だと分かった状態で続けるのをやめましょう。

 

誘惑に勝ちましょう。

時間つぶしに勝ちましょう。

一時の快楽に勝ちましょう。

 

僕も白猫テニスの誘惑に勝ちます。

本当のテニスをやって、心身共に健康になって人生を楽しみます。

 

そんな、自分に向けた戒め。