読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本業と副業で稼ぐ二刀流

ササキコジローが副業実践の合間に書くブログ

ブラックサービス残業にありがとう。

ブラック企業にいた時はサービス残業は正義だった

こんにちは、ササキコジローです。

 

本日、久しぶりに1時間残業しました。

普段は、全く残業しません。

定時上がりの日々です。

ちなみに、18:00。

 

世の中、ブラック企業だ、

サービス残業だと騒がれる中、毎日定時で帰れるのはありがたいこと。

どうもありがとう。

 

仕事内容も特に不満はない。

実績を作るのはしんどいけど、まあ

恵まれてる。

 

けど、社会人5年目のいま、ずっとこんな調子かと言うと

そうでありません。

 

 

今の会社の前は、毎日1:00帰宅。

土日も出勤、もしくは自宅就業。

そう、ブラックでした。

 

当時は、それが当たり前で、当然で、これがサラリーマンだと思ってました。

 

早く帰れる人はその程度の仕事しか与えられないんだ。

給料も低いんだ。

人間的価値が低いんだ。

 

そう自分に言い聞かせて現状に満足するフリをしてました。

 

そんなわけない。

 

そんなわけあるはずがないですよ。

実際、今の生活をすると深夜まで働いてたのが嘘のよう。

むしろ、今の生活が当たり前になっています。

 

残業しまくってたころは、22時でも

まだこんな時間か、あと2時間は働けるな、

なんて考えてました。

 

それが当たり前でしたから。

 

サービス残業をしなくなって気づいた

 

ところが、生活が変わると考えも感じ方も変わって、

たった1時間残業しただけなのに、

もう19時!?

早く帰らなきゃ!!

って思うようになるのです。

 

生活が変わると、

人として変わる。

考え方も変わる。

感じ方もかわる。

 

変化ばかりです。

その変化がいいのか、悪いのかは人それぞれでしょう。

 

僕は絶対的によかったです。

心にゆとりができて、性格が良くなった気がします。

すると、周りの人からの印象もよくなります。

印象がよくなると、遊びにも誘ってもらえるようになります。

新しいことに挑戦もできます。

知らないことが増えると、もっと知りたいという欲求が発生して、

より知識をつけられます。

そこからさらに、挑戦、知識を得る。

 

こういった好循環が生まれます。

 

毎日残業してたころは、全くこんなこと想像もしてませんでしたね。

 

なにが!

人間的!価値が!低いだ!

低いのは自分だろう!

 

あの頃の自分に言ってやりたい。

 

けど、そう思えるようになったのもまた、あの頃の経験があるからですね。

 

ありがとう。